gg-log

    利用規約

Global日本語
2022.10.11

GeeGee運営ポリシー

1. 運営の基本ポリシー

2. サービスの利用

3. ゲームマスターの役割および活動

4. ユーザーの権利および義務

5. 通報/制裁

6. キャラクター名に関するポリシー

7. 復旧

8. ホームページ(掲載)運営ポリシー

9. カスタマーサービス担当者に関する人権保護ポリシー

1. 運営の基本ポリシー

1.1 「GeeGee」(以下「GG」といいます)は、Wonder People Co., Ltd.(以下「当社」といいます)により開発および提供されるサービスです。ユーザーは、Steamを通じてGGにより提供されるゲームをプレイすることができます。ゲームは、以下のサービスポリシーに基づいて運営されます。当社は、サービスポリシーに基づく円滑なサービスの提供、およびゲーム内で生じた問題の迅速かつ着実な解決に向けて、最善の努力を払うものとします。 1.2 当社は、ゲームをプレイするユーザーの不都合を最小限に留め、また、より安定したサービスを提供するため、サービスポリシーを改定する場合があります。サービスポリシーが改定された場合、ゲーム内での通知またはホームページ上での告知により、ユーザーにお知らせします。 1.3 本運営ポリシーに定めのない事項については、「GG Terms of Service(GG利用規約)」、「GG Personal Information Handling Policy(GGプライバシーポリシー)」、「GG Youth Protection Policy(GG青少年保護ポリシー)」、およびその他関係法令に従います。 1.4 本運営ポリシーに記載されている「サービス利用制限」は、ユーザーのGG ID(既存の携帯電話番号または電子メールID、Steamアカウントを通じて登録およびログインしたGG ID)およびGGに連動されたGG ID、ゲームキャラクターの使用に関する制限について定めたものです。 1.5 運営ポリシーの重大な違反(違法プログラムの作成および配布、サーバーハッキングなど)が生じた場合、GGサービスの利用が永久に制限されることがあります。GGサービスの利用が制限された場合、ユーザーのGG ID(既存の携帯電話番号または電子メールID、Steamアカウントを通じて加入およびログインしたGG ID)、ハードウェアおよびグラフィックカードにそれぞれ制限が適用されます。制限されたIDやハードウェア、グラフィックカードは今後、GGのすべてのサービスおよびGGが提供するゲームに使用することはできません。 1.6 当社が行う行事、イベントの場合は運営ポリシーに明記されている規定以外に追加で該当の行事、イベント別に詳細の規定に基づいて行われます。関連の内容は投稿の詳細案内にて確認できます。

2. サービスの利用

2.1 ユーザーにより良いゲームを提供するために、新たなゲーム内容の追加や各種バグパッチ、その他運営上または技術上の必要に応じて、提供中のサービスを変更する可能性があります。 2.2 当社は次の状況に該当する場合、サービスの全部または一部を制限したり停止したりすることがあります。 - 戦争、暴動、自然災害または国家非常事態などの不可抗力的な事由がある場合 - 停電や諸設備の故障または利用量の急増などで正常なサービスの利用に支障がある場合 - サービス用設備のメンテナンスなどの工事によりやむを得ない場合 - 当社の諸事情によりサービスの提供が不可能な場合

3. ゲームマスターの役割および活動

3.1 ゲームマスターは、GGのプライバシーポリシーおよび関係法令を遵守し、ユーザーの個人情報(SteamおよびGG ID、パスワードなど)を求めません。 3.2 ゲームマスターは、サービスの提供中に発生する可能性のある不具合や障害などに速やかに対応するものとします。 3.3 ゲームマスターは、ゲームマスター(GM)であることを明示する方法(掲示板のアイコン、GM名)を用いて、ホームページ上およびゲーム内で活動を行うものとします。

4. ユーザーの権利および義務

4.1 ユーザーは当社のサービス規約やポリシー、または公序良俗に反する行為に関与することを禁止します。違反に起因して生じた結果および損害について一切の責任を持つものとします。 4.2 ユーザーはGG会員登録の際、正確な情報を入力しなければなりません。他人の身元を盗用したり虚偽の個人情報を登録したりして生じた結果および損害について一切の責任を持つものとします。例:違反者は、当社により主催される行事およびイベントの抽選に当選した場合、報酬および景品を受領できなかったり、当選が無効になったりする可能性があります。 4.3 ユーザーは必ず本人の個人情報を利用して自己のアカウントを作成する必要があるものとし、他人の個人情報または虚偽の個人情報を利用することを禁止しています。これに違反して作成されたアカウントについては、いかなる理由であれ、当社に対し権利を主張することはできません。本人の不注意または過失によって生じた問題については、当社から適切な支援を受けられない場合があります。例:本人のものではない個人情報に基づいて登録されたアカウント情報(キャラクター、アイテムなど)についてユーザーの権利が認められることはなく、当社から支援を受ける資格を有しません。 4.4 ユーザーは、本人のSteamおよびGG ID、パスワードなどの個人IDおよびゲームID情報が他人の目に触れることのないよう、最大限の注意を払わなければなりません。ユーザーは、本人の故意・過失によって生じた損害または結果についても、責任を負うものとします。 4.5 GG IDを登録または利用したユーザーは、当該IDの共有、移転、金銭取引または現物取引により生じた一切の損害について、責任を負うものとします。当社は、その結果として生じた損害について責任を負いません。 4.6 ユーザー本人による対処が不可能な問題がゲームプレイ中に生じた場合、SteamサポートセンターおよびGGホームページ(https://geegee.net)に個別に問い合わせを提出することにより、問題について相談できるとともに解決方法について案内を受けることができます。 4.7 オンラインゲームは、性別、年齢および地域などの多様な特性を有するユーザーが集まって構成されるコミュニティです。ユーザーは他人に不快感を与える行為、公序良俗に反する行為およびゲームそのもの以外の意図に基づく行為のいずれにも、関与してはなりません。 4.8 ユーザーは、以下のいずれの行為にも関与してはなりません。不正が摘発された場合、30日間のゲーム利用制限が課せられることがあります。 - 公序良俗またはその他社会秩序に反する行為 - 他人を誹謗中傷、または他人の権利を侵害する行為 - 他のユーザーを誹謗中傷、脅迫または人権を侵害する行為 - 他社製品の宣伝など、ゲーム内およびホームページ上における営利を目的とした行為 - 露骨な性的表現、罵倒、俗語、隠語、反社会的表現または不快感を与える言葉を使用する行為 - アカウントやゲーム内のアイテムまたはキャラクターをオフラインで販売する行為 4.9 ユーザーは以下のいずれの行為にも関与してはなりません。不正が摘発された場合、永久にゲーム利用制限が課せられることがあります。 プログラムにおけるエラーの報告を怠り、故意に悪用または他のユーザーと共有する行為 - 著作権侵害の恐れがあるコンテンツを、著作権者の許可なしにゲーム内またはホームページ上で配布する行為 - 当社の許可なしにクライアントプログラムを修正し、サーバーをハッキングまたはウェブサイトの一部を任意に変更する行為 - 上記の他、当社およびユーザーが認知している社会通念上、非常識な行為 4.10 所持している有償/無償通貨(ダイヤ)の個別所持数の確認を希望される場合は、GeeGeeサポートセンターにてお問い合わせください。

5. 通報/制裁

5.1 ゲームのプレイ中に第4.8項に該当する行為を目撃した場合、GGホームページ(https://geegee.net)の「1:1 Inquiry(個別問い合わせ)」から通報することができます。通報の際に証拠を一緒に提出すると、より迅速な対応が可能となります。 5.2 通報の対象となったユーザーは、通報内容に基づいた運営チームによるモニタリング後、違反の重大度に応じて、以下の制裁が適用されることがあります。直ちに制裁を受けなかった場合でも、各ユーザーを対象としてなされた通報内容は集計されるため、今後措置の対象となる可能性があります。 5.3 ボイスチャットの内容を別途保存したり録音や記録を行ったりしないため、これによって生じた行為に関与することはできません。 映像または録音ファイルを添付する際にも、音声ファイルの真偽の確認や話者の識別が不可能なため、措置を講ずることができません。 [違反項目および制裁内容] 以下の行為が摘発された場合、最大90日間のゲーム利用制限が課せられることがあります。 - 不快感を与える非常識な行為およびゲームプレイを妨害する行為 - ゲームおよびイベントの運営を妨害する行為 - ゲームマスターへのなりすましおよび虚偽事実の流布 以下の行為が摘発された場合、永久にゲーム利用制限が課せられることがあります。 - ゲーム内の財貨または現物を賭け、偶然の結果によって利益を提供する行為および損失を与える賭博行為の助長 - 商業または営利を目的とした宣伝行為 - アカウントまたはゲーム内の財貨を現実の財貨/サービスと取引する行為 - アカウントまたはゲーム内の財貨を現実の財貨/サービスと取引する意図があると判断される行為 (例:現金取引を暗示する内容のチャット/キャラクター名の使用、特定地域名、数字、電話番号、外部チャットIDを繰り返し入力する行為など) - 公正な競争を阻害する行為 (例:故意に敗北または人為的にゲームの結果を操作、またはこれを試みる行為、現実の財貨/サービスを対価に本人名義のアカウントを他人に育成させたり、他人名義のアカウントを育成したりする行為、繰り返しまたは故意に違法プログラムを使用するユーザーとチームを構成する行為など) - ゲームの進行を妨害する行為 (例:指定されたチームとのプレイではなく、任意でチームを構成する別名「チーミング」行為、特定のユーザーに付きまとって誹謗中傷、脅迫または攻撃する別名「狙い撃ち」行為、チームキルでチームメンバーのゲームの進行を妨害する行為) 5.4 公正かつ正常なゲーム環境を破壊する行為(たとえば、バグまたは違法プログラムの使用および製作/流布、サーバーのハッキングなど)に関与したユーザーについては、GGサービスの利用が無期限で禁止されます。ゲーム内のバグまたはシステム上の問題を発見した場合、GGホームページ(https://geegee.net)におけるサポートセンターの「1:1 Inquiry(個別問い合わせ)」からご連絡ください。バグや問題を報告せず、悪用または他のユーザーと共有した場合はサービスポリシーに基づき、「ゲームの利用制限」が課せられることがあります。 [違反項目および制裁内容] 以下の行為に関与した場合、GGサービスの利用が無期限で禁止されます。制限はGG ID、ハードウェアおよびグラフィックカードにそれぞれ適用されます。GGサービスおよびGGが提供するゲームの利用がすべて無期限で禁止されます。 - 他人の個人情報の漏洩およびその試み - システム(バグ)の悪用および濫用 ① ゲーム内のバグを悪用してフェアなゲームプレイを妨害すること ② ゲーム駆動システムを用いてフェアなゲームプレイを妨害すること - 不正行為および不正プログラムの利用 ① ゲーム内における不正行為および不正プログラムの使用 ② キーボード/マウスのマクロ作成行為およびプログラムの使用 ③ リバースエンジニアリング(リバース分析)およびプログラムの使用 - 違法行為および違法プログラムの使用または配布 ① セキュリティプログラムの迂回またはその試み ② クライアントの変造またはその試み ③ サーバーのハッキングまたはその試み ④ 不正プログラムを利用して悪用可能なプログラムを開発、配布または販売する行為 - VPNなどを利用して許可されていない場所でネットカフェのIPサービスを無断で使用または提供する行為 5.5 違法行為への関与および不正プログラムの使用が疑われる場合、当該アカウントについて、ゲームの利用が一時的に制限されることがあります。 5.6 運営ポリシーに違反する行為により当社に重大な損失が生じる場合には、違反者または関係者に対し法的措置が取られる可能性があります。 5.7 不法プログラムの使用が確認された場合、制裁とは別にゲーム産業振興に関する法律第32条(不法ゲーム物などの流通禁止など)第1項8号・第9号・第10号・ゲーム産業振興に関する法律第44条(罰則)に基づき、最低1年以下の懲役または1千万ウォン以下の罰金から最大5年以下の懲役または5千万ウォン以下の罰金に処されることがあります。また、犯罪行為によって生じた収益と犯罪収益に由来する財産は没収され、没収が難しい場合、その価額を追徴することができます。 5.8 措置の対象となったユーザーが当該措置について異議申し立てを希望する場合、GGサポートセンターの「1:1 Inquiry(個別問い合わせ)」から「異議申し立て」が可能です。「異議申し立て」が正当と認められた場合、措置の水準の調整または措置が解除されます。 5.9 通報内容が虚偽であることが明らかになった場合、通報者は、「虚偽通報者」として警告およびペナルティの対象となることがあります。

6. キャラクター名に関するポリシー

6.1 キャラクター名は、オンラインゲームにおいて自分を表現する代表的な手段です。自身の存在および意義を示すことできる多様な名前を自由に設定することができます。他のユーザーとは差別化された個性的な名前を設定する場合、他人に誤解や不快感を与えることのないよう、慎重にお考えください。ユーザー名が以下のいずれかに該当する場合、キャラクター名の強制変更および永久にゲーム利用制限が課せられることがあります。 - 当社またはゲームマスター(GM)を詐称したり、その意図があると判断されたキャラクター名 - キャラクター名が扇情的でわいせつな表現を含むものである場合や、卑俗な言葉(悪口)が含まれている場合、または他人に不快感を与える可能性があるキャラクター名 - アイテムやキャラクター、仮想通貨などを現実の通貨で販売または、他のゲームとの取引に関与する意図が明らかであるキャラクター名 - 特定の宗教、地域、人種、会社、性別、障害などを軽視するキャラクター名 - 特定の対象を宣伝する内容のキャラクター名 - 上記の他、社会通念上受け入れられないキャラクター名 6.2 キャラクター名に関するポリシーは、ユーザーが作成可能なあらゆるコンテンツに適用されます。

7. 復旧

7.1 ユーザー自らの過失やゲームシステム、運営ポリシーに明記された内容、ゲーム内のお知らせの内容、ホームページにお知らせした内容などを把握できずに発生した損失については、一切の責任を負いかねます。

8.ホームページ(掲載)運営ポリシー

8.1 GGホームページ(https://geegee.net)は、当社でサービスするゲームに関する多様で有益な情報を共有し、ユーザー間の健全な対話空間を設けるために制作されました。 8.2 健全な掲示板文化のために、次に該当する投稿やコメントは事前の通知なしに削除される場合があります。また、ポリシーに違反した投稿とコメントを作成したユーザーに一定期間、投稿やコメント作成の制限、またはゲーム利用制限を課すことがあります。 [違反項目および制裁内容] 以下の行為に関与した場合、永久にゲーム利用制限が課せられることがあります。 - 各掲示板の本来の用途に関係のない投稿 - 他人に不快感を与えたり、名誉を傷つける恐れのある投稿 - 同一の内容が三回以上連続でアップロードされた投稿 - 個人の財産上の利益を目的とした投稿 - 理由もなく当社またはゲームマスターを誹謗中傷するなど、ゲームの運営を妨害する投稿 - 虚偽または不正確な情報を流布する投稿 - アビューズ行為(八百長)に関するすべての投稿 - ID、アイテムなどの売買および譲渡に関する投稿 - わいせつな画像および/または動画が含まれている投稿 - ゲームマスター、当社または関係会社の従業員になりすました投稿 - ハッキングや詐欺などの違法行為を目的とする投稿

9. カスタマーサービス担当者の人権保護に関する運営ポリシー

9.1 カスタマーサービス担当者の人権を侵害する行為および業務を妨害する行為には、以下のものが挙げられます。 - カスタマーサービス担当者に対する誹謗中傷・性的嫌がらせ・人格権侵害・脅迫など不当な表現が含まれた個別の問い合わせをする行為 - ゲームに無関係な誹謗中傷・性的嫌がらせ・人格権侵害・脅迫などを記載して個別の問い合わせをする行為 - 誹謗中傷・性的嫌がらせ・人格権侵害・脅迫などの内容で何度も問い合わせることにより業務を妨害する行為 - 上記の他、カスタマーサービス担当者に重大な精神的苦痛を与える恐れのある言動によって個別問い合わせの業務を妨害する行為 9.2 個別の問い合わせによってカスタマーサービス担当者の人権が侵害された場合、政策に基づいて以下の措置を講じることがあります。 [違反項目および制裁内容] 以下の行為に関与した場合、当該ユーザーに対し警告が発せられ、且つカスタマーサービスが中断される場合があり、永久にゲーム利用制限が課せられることがあります。 - カスタマーサービス担当者の人権侵害 ※ 違反したユーザーからの問い合わせへの対応は、運営ポリシーの違反事項が含まれていない個別の問い合わせ・電話相談・訪問相談時に再開されます。 ※ 以下の例のようにカスタマーサービス担当者に対する人権侵害の程度が深刻だと判断された場合、事前の警告なしにゲームの利用が制限されることがあります。 ① カスタマーサービス担当者の外見または特定の身体部位に関する誹謗中傷・侮辱・暴言 ② カスタマーサービス担当者に私的な出会いを要求したり、わいせつな言葉を発したりする行為 ③ カスタマーサービス担当者の家族に対する性的表現・誹謗中傷・暴言 ④ カスタマーサービス担当者に性的羞恥心を害する写真などの画像を見せる行為 ⑤ 上記の他、カスタマーサービス担当者が性嫌悪または羞恥心を感じる一切の言動 ※ 同一のIPアドレスやデバイスデータを通じてアクセスされる複数のアカウントで誹謗中傷・性的嫌がらせ・人格権侵害が発見された場合、同一人物による行為とみなし、法的措置の対象となることがあります。

<附則>

本運営ポリシーは、2022年10月11日から施行します。

gg-logo

ⓒ Wonder People Co.,Ltd. All Rights Reserved.